エシカル消費って?

こんにちは、フェアトレードショップTeebomのイマイナホコです。

昨日(12月13日)の夕方、静岡のローカルチャンネル”ただいま!テレビ(テレビ静岡)”で、エシカル消費についての話題の中で、私のお店が紹介され、ちょこっとですが私もコメントをさせていただきました。

取材は、静岡県が現在実施しているプラス・エシカルという企画の一環で取材をしていただきました。取材をしていただいたのは、先週の水曜日(12月8日)、朝9時から2時間くらい時間をかけて、撮影したり、インタビューを受けたり・・・例によってめちゃめちゃたくさん話してしまったので、編集がたいへんだったんだろうな~なんて後になって思いました。(いつものことですが、つい熱が入って思いの丈を語ってしまうのです)

昨今は、フェアトレードという言葉よりも、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)エシカル(Ethical、道徳的、倫理的)消費などという言葉が頻繁に聞こえてきますね。それだけ、気候変動や格差社会による及ぼされる影響が大きいということかと私自身は感じています。フェアトレードもSDGsもエシカルも・・・その表現方法やアプローチ方法が若干違うだけで、目標は同じ!

その中でも気候変動(温暖化)などの環境問題が取り上げられることが多いです。私のお店でも、オーガニックの商品を多く取り扱うようにしたり、エコバッグを推奨したり、お客様に容器を持参していただき、紅茶やコーヒーなどの量り売りをしたり、アップサイクルをした商品を販売したりしています。ご来店くださるお客様も「ラッピングは必要ないから」とか「紙袋がたくさんあるからこれをお店でリユースして」と様々なご提案をしていただいていて、とてもありがたいです。

一人ひとりができることはとても小さいことかもしれませんが、日々の暮らしの中のちょっとしたこと、特に買い物をするときに、エシカルやSDGsを意識してみることが大切だと私自身は考えています。というのも、このSDGsやエシカルな活動が「流行り」で終わってしまうことが一番よくないから、無理せず小さなことでも続けていくことが大切だからです。急激なダイエットをするとその反動(リバウンド)が大きくなるように、無理して今の生活や習慣を大きく変えることで一時的には状況が改善しても、短期間で終わってしまっては結局は改善につながらないからです。

 

フェアトレード商品を販売していただいている私としては、生産者にとってのメリットだけでなく、実際に購入してくださる消費者の方が「買ってよかった」「リピートしたいな」と思っていただける商品を提供することが最も大切なことだと自覚しています。

それでも「ファトレード商品って、高い!」という声が聞こえてきます。本当に高いのか、そのイメージだけが先行しているのか・・・よく初めてお店にいらっしゃったお客様がこんなことを言ってくれます「フェアトレードだから高そうかと思って、恐々来たけど、そんなことなかったし、私でも購入できるおいしそうで、かわいいものがたくさなるのね」

昨日のテレビ放送でもピックアップされていましたが、「こんなおばちゃんがやっているお店です。ぜひお気軽にご来店ください」

それにしても2時間近くいろいろお話したのですが、おばちゃん・・・の下りが採用されるなんて、想像していませんでした(汗&笑)

 

放送された様子がYoutubeに上がっていたので、シェアさせていただきます。
チョコレートの価格が376円と表示されていますが、実際は378円(税込み)です。