コロナ禍のインド

こんにちは、フェアトレードショップTeebomのイマイナホコです。

明日は火曜日、定休日です。フリーに動ける1日なのでいろいろ予定が入っています。朝は久々の歯医者・・・定期検診をしていただきます。その後、お店に戻って資料の準備をして、いざ、富士市の吉原高校へ・・・そして夜は、5月29日に予定しているイベント「フェアコミフェス」の事前オリエンテーション。盛沢山な1日になりそうです!!

明日の準備を兼ねて、私のビジネスパートナーであるフェアトレード生産者グループMESHデザイナーSyamalaとWhatsAppで打ち合わせ。

SyamalaとWhatsAppでのコミュニケーション。新商品のサンプル写真などを共有しながらメッセージをやりとりしたり、ビデオ会話をしています。

少し前から聞いていたのですが、インドでもコロナ感染拡大が止まらず、連日30万人以上が感染してしまっているとのこと・・・先週から再びロックダウンが始まり、当初ニューデリーでは1週間の予定だったのが、更にもう1週間延長になったそうです。Syamalaも自宅で仕事、リモートワークです。

今は、新商品のサンプル作りをしてもらっているところで、連日、コンタクトをしているのですが、インドは大きく、コロナ以前からリモートでの仕事をしているため、コロナでも仕事はこれまで通り続けてこれたのですが、南インドの生産者グループも完全にロックダウンとなり、商品作りのための材料の調達ができない状況となってしまいました。そこでSyamalaがニューデリーで材料を調達し、郵便で南インドに発送をしてくれたのですが、コロナ禍で配達ができない・・・なかなか厳しい状況となってしまいました。

そんな風に頑張ってくれているのですが、私としては、仕事よりも自らの安全を確保してほしい、何か手助けが必要ないつでも声をかけてほしいと伝えました。

もう1か所、チェンナイの生産者グループBaladarshanは、大きなスラムの中なので、こちらは完全にストップ。Teebomでは、リサイクルペットボトルのバスケットウッドブロックプリント生地を作ってもらっています。

製造部門の責任者のRajendranに連絡をしても返信がないので、何かあったのかと・・・そしたら「仕事が進んでいなくて申し訳ない、工房に誰も来れず、サンプルを作る作業もできないので、失望させてしまうと思い、連絡ができなかった」と・・・

こちらはRajendranとのやりとり。やはりWhatsAppを使用しています。
私が作った仕様書をRajendranが手書きにして、私に見せてくれます。私の仕様書があまりにも雑(💦)なためなのでしょうか・・・わかりやすく書いてくれています。助かる!!

私は、彼らの深刻な状況を思うと同時に、なんて私はいいビジネスパートナーと仕事ができているんだろう、恵まれているな・・・と感じました。

日本でも、インドでも、世界中がコロナに翻弄されている・・・1日でも早い終息を心から願っています。