フェアトレードチョコレートが特別な訳!?!

こんにちは。寒さも本番・・・先日、ちょっと贅沢をしました。
フェアトレードのチョコレートをミルクパンに入れゆっくり溶かして、ミルクを入れて
ホットチョコレートを作りました。至福の時間でした。

さて、今日は、フェアトレードのチョコレートについてお話させていただきます。
フェアトレード商品の中で市場で最も流通しているのは圧倒的にコーヒーですが、
その次に多いのがカカオ!チョコレートの原料です。

Teebomでは今季3つのメーカーさんの40種のフェアトレードをお取り扱いさせて
いただいています。

People Treeのチョコは、手書き風のイラストがかわいくって人気。
またフレーバーの多さでも圧倒的な存在感です。

第3世界ショップ。パッケージには白黒の生産者の顔写真が使用されていて、
社会性をアピールしています。個人的には、第3世界ショップさんのチョコが好みです。

そして、元祖フェアトレードチョコレートのDivine!
ガーナのカカオ生産者がイギリスのチョコレートメーカーさんといっしょに作っています。
素材1つ1つがフェアトレード認証を取得していて、チョコレート全体の何パーセントが
フェアトレードの素材でできているのか、しっかりと明記されています。
おしゃれなパッケージも素敵です。

どれもしっかりと個性を主張していますよね。
そして共通していることは、カカオ、ナッツ、砂糖など原材料をフェアトレードの素材を使っているということです。

また、日本のメーカーであるピープルツリーと第3世界ショップのチョコレートは、
スイス製なんですが、スイス伝統の”コンチング(Conching)”と言う製法による作られているんです。コンチングは「練り上げる」という意味です。72時間もの時間をかけてチョコレートを練り上げています。

フェアトレードのチョコレートを召し上がっていただいたお客様から

「口どけがとってもよくって!!」
「口当たりがとってもなめらかで~!」

なんて感想をよくいただくのですが、それもそのはず、3日間も練り上げているからなんです。

もちろん、乳化剤は使用していません。

小さな生産者が丹精込めて作ったカカオ、ナッツや砂糖を使い、
丁寧に丁寧に作り上げているんです。

これがフェアトレードのチョコレートがとってもスペシャルな訳です。

大切な方、お世話になっている方などにチョコと贈るのもいいですね。

Teebomでは、ラッピングをさせていただきます。

Teebomオリジナルのコーヒーや紅茶とセットにしていただくこともできます!

ぜひご用命ください。

ECサイトからもご注文いただけます。