Barefootのゾウさんポーチvs ライオンポーチ

こんにちは、Teebomのイマイナホコです。
この連休はずーっと雨ですね・・・静岡も晴れたと思えば、突然ザーーーっときて
また晴れて、の繰り返しで、すごい湿気です💦💦💦

さて、今日はTeebomで長年お取り扱いさせていただいているスリランカのファブリックブランド
Barefoot(ベアフット)について、少しご紹介させていただきます。
ちなみに、Barefootは「はだし」という意味の英語です。

私がスリランカで暮らしていた時は、よくBarefootで買い物をしていました。
ぬいぐるみ、手提げ、ポーチ、それにテーブルクロスやランチョン、コースター、
タペストリーやカーテン、サロンやブラウス、ワンピース、ショールなども
布製品のほとんどはBarefootでしたね。大ファンなんです♡

Teebomでは、主に実用的なポーチ、手提げ、ランチョンマットなどをお取り扱いさせて
いただいていますが、その中でも最も人気があるのが、「ゾウさんポーチ」と「ライオンポーチ

どちらも手のひらに乗るくらいのちょうどいい大きさのポーチで、
更に、付属の紐をつけるとポシェットにもなります。

違いは、見ての通り、「ゾウ」か「ライオン」形状が大きく異なります。
選ばれる方は、どっちもかわいいと迷われます。実は両方購入される方も多いです。

そこで、私からのアドバイス

・Barefootのお品は、先染めをした綿糸を手織りして、丁寧に作りこんでいるので、
とっても丈夫。それにファスナーも日本製ですから末永くご愛用いただけます。

・形状からもわかるようにポーチとしてはゾウさんの方が優秀です。山なりのファスナーなので
モノの出し入れがしやすいです。

・ポシェットにして小さなお子さんがお使いになるんだったら、ライオンがかわいいですよ。
肩から斜めに下げた時に、ライオンの顔が正面に見えるんです。

・例えば、お子さんが小さいときなポシェットにして使っていただき、そのあとは、お母さんが化粧ポーチにしたり、小物入れにしたりして、お使いいただけます。

・スイス製の人や環境に配慮した染料です。色あせしにくいのも特徴です。

こんな特徴を踏まえてお選びいただくと、末永くお使いいただけるかと思います。

お客様からは、
「このポーチをバッグから取り出すたびに、気持ちが明るくなるんです。かわいいですよね~」
「布の手触りもいいから、いつも近くにおいてあります。」

などなどたくさんのコメントをいただいています。

実は、このゾウさんポーチとライオンポーチ。生産国スリランカ以外でお求めいただけるのは
日本だけなんです。Barefootの商品はイギリスやオーストラリアでも購入することができるの
ですが、販売されている商品が国によって異なります。日本人は、かわいいものが好き!な国民と
認識されているので・・・販売対象になっています。
ちなみに、オーストラリアではカモノハシ、ウオンバット、カンガルーなどの固有種のぬいぐるみが!