女子力発揮!セミナー楽しくできました💛

こんにちは、Teebom店長のイマイナホコです。
今日は、清水区にある蒲原生涯学習交流館で出張セミナーをしてきました。

何と対象は小学生!「フェアトレード」や「SDGs」って言葉はまず知らないだろうな~
開発途上国についての説明をした方がいいかな・・・と事前に小学校の教員をしている知人に
小学高学年の子供たちの知識について教えてもらいながら、資料を準備しました。

ずっと私が話し続けるのも、厳しいだろうな・・・と思い、学校の授業のように
1時間目、休憩、2時間目とカリキュラムを分け、更に、2時間目はワークショップを行い
楽しんでもらえるようにもしました。

ところが・・ガガ~~ン プロジェクターに資料を映し、タイトルを読んでもらおうとしたら

「かいはつ・・・ええ??かいはつ、なになに くに??フェア・・・」
「開発は読めるけど、その先の漢字が分からない??何、なんて読むの?」

 

あらら・・・「開発途上国」が読めないんだ、もちろん意味も知らないんだ・・・💦💦💦
一瞬目の前が真っ白くなり、この先どう進めたらよいのかわからなくなりました(笑)

セミナーを始めてまだ1分も経っていない中での出来事でしたが
「じゃあ、まずは『かいはつとじょうこく』についてお話しますね」と
事前に準備した段取りはとりあえず、なかったことにし、
そこからは、ほぼアドリブ💦💦

加えて、集まってくれた小学生たちは、『ペルーのビーズでアクセサリー作り』と言うワークショップに参加をしに来たので、開発途上国やら、児童労働やら、フェアトレードやら・・・何が何だか彼らも私同様、途方に暮れている様子・・・

私が「じゃあ、今から南米ペルーの人とテレビ電話でお話をするけど、外国に興味はある?どこかの国に行ったことがある?」と質問したら、

「ない、ない、行きたくない!!」

「日本が一番!外国には行きたくない!!」

「飛行機に乗っていくなんて、危ない!!!」

「日本が一番安全」

新型コロナウイルスの影響もあるのでしょう・・・

子供たちが口々に言い始め、私は再びフリーーーズ

主催の方から事前に「英語を習っている子がいます」と聞いていたのを思い出し、
「じゃあ、なんで英語習っているの?英語ができると、何ができるの?」と質問すると

一人の女の子が、「外国の人とコミュニケーションできる」

私が「コミュニケーションができると??」

その子が「友達になれる!」と連想ゲームのような会話をし、
他の子供たちもやっと、ああ~そうかも・・・という表情をしてくれました。

それではペルーのマリアさん、ヘラルダさんにつなぎますね!!

マリアが「おはようございます」と日本語であいさつをしてくれました。

子どもたちは自然に「おはようございます」とあいさつを返してくれました。

私がマリアに「おはようございますは、スペイン語でなんていうの?」

マリアが「ブエノス・ディアス」と言うと

子どもたちが、ちょっと自信なさげに「ブエノス・・・」

それを聞いたマリアが大きめの声でゆっくりと「ブエノスディアス!」

子どもたちが元気に「ブエノスディアス!!」

そしてヘラルダが、アマゾンのジャングルの木の実から作ったビーズを手に取って
その木の実の名前や、どうやって作っているのかを簡単に説明してくれました。

子どもたちは、これから自分たちがやるワークショップに近づいてきていると思ったのか
だんだん、画面に集中して、話を聞いてくれるようになりました。

マリアやヘラルダはセーターやマフラーを身に付けている。ペルーは今、冬。

今日は土曜日だけど、日本とは14時間の時差があるから、まだ金曜日。

日本語でもなく、英語でもなく、スペイン語。

何だか不思議・・・そんな遠くの人と話をして、その人が作ったビーズがここにある??

もしかしたらちょっと楽しいかも・・・と私は勝手に子供たちの気持ちをそんな風にとらえていました。

休憩が終わり、いよいよ待ちに待ったワークショップ。
1時間目とは目の輝きが違います!

ワークショップを担当してくれている根橋先生が前に出て、作り方の説明をしました。
しっかりと前を見て、根橋先生の説明を聞いています。すごい集中力です!

いよいよ、各自ビーズを選んで、作業を始めます。

ちょっと密になってしまいましたが、熱心にビーズを選んでいます。

「私、これがいい!」

「色の組み合わせがかわいいね!」

「どれがいいかな~迷う!!」

女子たち!とっても楽しそうです。

なかなか決めかねているようでしたが、みな気に入ったビーズセットが見つかったようです。

ちゃんと説明を聞いていたので、みんな迷いなく作業を始めました。
多分、サンプルと同じように作るんだろうな~って思っていたのですが、
1人の子が、「私はこのビーズとビーズの間隔を開けて作りたい!」
「じゃあ、こうしたらいいんじゃない!!」とオリジナルのブレスレット作りを始めました!

麻紐と木の実のビーズを小さな手で器用に扱い、みんなあっという間に完成!

ほんとによくできたので、写真を撮らせてと言ったら、「じゃあ、星を作ろう!」って!!

自分で作ったブレスレットがとても気にったようで、写真を撮り終わった後も
みんなの腕にはブレスレットが!!

最初は日本がいい!!外国なんて行きたくない!!なんて言っていた子たちも
電話で話をしたヘラルダさんが作ってくれたビーズを使って、自分だけのブレスレットができたことに満足しているようでした。

私が、「今、着ているシャツやスカートはどこの誰が作ってくれたものわかる?」と聞くと

「わからない・・・」

一人の女の子が、「布は誰が作ったかわからないけど、おばあちゃんが縫ってくれた!お気に入り」

私が、「今日、みんなが作ったブレスレットは、時差もあって、季節も、言葉も違うペルーと言う国のヘラルドさんが作ってくれたビーズを使ったよね、どう?」

「すごく遠いのに、知っている人が作ってくれたものだって思うと、なんだかちょっと不思議・・・」

ペルーは、とっても遠い国だけど、英語やスペイン語ができると話ができて、友達になれるよね。
その友達が困っていたら、どう??と、即座に「助けてあげたい💛」

開発途上国も、フェアトレードも、SDGsも、ちゃんと説明できなかったけど、
参加してくれた小学生たちは、何かを理解してくれた様子。

実は講座の途中で、私がちょっと意地悪な質問をしました。
「もし、あなたの家がとても貧しくて、お父さんやお母さんから、『お金がないから、学校に行かないで、働いてくれる?」って言われたら・・・

『働く・・・』 どの子もそう答えました。
子どもたちは、困ったような表情を浮かべながらも、考えて『働く』って・・・

そうです。子供たちは、自分が信頼をしている大好きな人からそう言われたら、そうなんです。そう答えるし、そうするんです。

だから、大人がしっかりしないといけないんです。大人の責任です。
親でない大人にももちろん責任はあります。社会全体のこと、世界全体のことだと思います。

意地悪な質問で、子供たちを困らせてしまいましたが、私は子供たちの答えから、
私も大人としての責任をしっかり果たしていこうと、改めて思いました。

始めはどうなることかと思いましたが、ペルーのマリアやヘラルダ、ワークショップを担当してくれた根橋先生、生涯学習館の担当の方、それに子供たちのお陰で、何とか無事にセミナーを終えることができました。小学生対象のセミナーは初めてで、まだまだ改善する点もたくさんありますが、実り多い時間を過ごすことができました。ありがとうございました・Thank you!・Gracias!!