6年目の蒲原!

こんにちは、Teebomのイマイナホコです。
12月に入ったとたんに、冬のスイッチが入ったようで、寒い日が続いていますね。

昨日は、清水区蒲原、蒲原生涯学習交流館で「SDGsインドの手仕事から見える世界」と題した
セミナーとワークショップを行わせていただきました。

2時間のセミナーは、

・フェアトレードやSDGsについての概要やそれぞれの共通点
・インドのウッドブロックプリントを使ったコースター作り
・ウッドブロックプリントの作業工程や職人さんたちの仕事ぶりについて解説
・ウッドブロックプリントを作っているフェアトレード生産者グループのマネージャと
Zoomで交流

という盛りだくさんなプログラムでした。

蒲原との交流は6年前から続いていて、少しずつ活動する機会や内容が多岐にわたってきました。
応援してくださる方がいらっしゃってとても心強いです。

でも、今回のセミナーではやってしまいました💦💦💦
Zoomを使ってインドのフェアトレード生産者グループのマネージャと話しているときに突然私のPCがフリーズ・・・そしてシャットダウンしてしまったのです。もう頭の中が真っ白で、バックアップで持って行ったiPadで再接続を試みるも、自分のアカウントにうまくはいれず・・・回線はつながったものの、ビデオがOnにならず・・・もう何だかわからない状況になってしまいました😿

結局、インドとの交流は途中で終わってしまい、そのあとは、四苦八苦しながらセミナーをまとめ、何とか終了できましたが・・・ご参加くださった皆さん、本当にごめんなさい。インドの人たちとの交流を楽しみに参加くださった方もいらっしゃったとのこと、申し訳なかったです。

焦りまくって、写真もほとんど撮れませんでしたが、以下に数枚だけご紹介させていただきます。
今回もワークショップはとても好評で、皆さん楽しんでいただけたようでよかったです!

ワークショップ用の材料。これを縫い合わせて、コースターを作ります。

高校生も参加してくれました。

熱心にお話を聞いてくださる蒲原の皆さん。

物販もさせていただきました。たくさんのお買い物、ありがとうございました。

さて、今後もZoomを使った講座があるのですが、またトラブルになるのではと、ちょっとトラウマです💦💦
どうやら、Zoomなどのアプリケーションはメモリーをたくさん必要とするようで、PCへの負担が大きいんだそうです。加えて、他のアプリも同時に使用していて、PCへの負荷がかかりすぎてしまったのかと思います・・・対策を考えないとです。

先にも書きましたが、蒲原には毎年お邪魔していて、今年で6年目でした。企画してくださっている交流館や国際交流協会の皆さんの地道な努力とフェアトレードを蒲原に広めたいという強い思いが感じられ、私自身も蒲原の皆さんとの交流が楽しみです。今年はコロナウイルスの影響で中止になってしまいましたが、蒲原まつりでフェアトレードブースを運営してくださったり、バレンタインの前に「バレンタイン一揆」の上映会を開催してくださったり、講座以外にも活動が広がっています。やはり「継続は力なり」です。

講座の後で、インドのカウンターパートにもトラブルとなり会話が中断してしまって申し訳なかったとメッセージをしたところ、「でも、話しがちょっとでもできたんだから!」ととてもポジティブな返信があり、ちょっと救われました。

蒲原の皆さん、これに懲りずに、ぜひ来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。