雨の季節に思い出すこと・・・!?!

こんにちは、Teebomのイマイナホコです。関東甲信地方では梅雨入りしたとのこと・・・いよいよ雨のシーズンですね。雨で思い出すのは、スリランカやミャンマーに滞在していた時のこと・・・スコールという雨にびっくり。

スリランカでは雨期になると夕方くらいからもくもくと雨雲がわいてきて、みるみる空の色が変わってきて、雨のカーテンが近づいてくるのがわかるんです。特に、クルマを運転しているとき、雲の方に近づいていくときは、雨雲に吸い込まれていくような感じ、そして雲とは反対側に進行していても、雨雲の吸い込まれてしまう感じでした。ここまでが晴れで、ここからが雨と線を引いたようにはっきりしていました。走っていてバラバラと大きな雨粒にあっという間に包まれてしまいます。とても傘は役に立たないほど、バケツをひっくり返したような雨・・・そんな時は、出かけるのをやめる、外出中であれば、とりあえず近くのお茶屋さんに逃げ込んでティーブレイク、そんな風にして雨が止むのを待ちます。というのも、ほとんど1時間もしないうちに雨は嘘のように止んで、大きな虹が出たり、ぱあーっと青空が広がるんです!ほこりやちりがすっかり落ちて空気もすっきりきれいになって、雨のお陰で気温も少し下がって涼しくなり・・・夕立あがりの時間を楽しみました。(というのも、6時くらいに仕事が終わって、暗くなるのが7時過ぎ、晩御飯の時間が8時とか9時なので、この時間帯に結構のんびりと過ごすことができます!)

まさに熱帯地方の雨の降り方の典型ですよね。ミャンマーやインド、タイなどでも同様の経験をしました。

そんな状況で不思議に思ったのは、これはスリランカだけではなくミャンマー、インドやタイなどの国々でも同じだったのですが・・雨の中を自転車や徒歩で移動しなくてはいけない人なぜか皆、頭にプラスチック袋を被っているんです。体はびしょびしょなんですが、頭だけは濡れないように・・・とっても不思議なので、「なんで?」と聞くと「頭は濡らしちゃいけないんだ!」とのこと。「ふ~~ん、そうなんだ」・・・幸い寒くはないので、濡れた服や体はすぐ乾くので、特に支障はないし、結局プラスチックの袋を被っていても頭も濡れてしまうんです・・・でもみなプラスチックの袋を被っているんです!?!

試しにgoogleで『南アジア 雨 頭にプラスチック袋』と入力してみたら、たくさん写真が出てきました。中国でも同じようです。もし興味のある方はググってみてくださいね。

あと、オーストラリアでは、雨でも傘をさす人はとても少ないです。アジア系の人たちはそれでも傘を使いますが、ヨーロッパ系の人たちはめったに傘を使わないですね。特に男性は使いません。その代わりレインコートやつばの広い帽子を被ります。子供たちも傘を使うより、カッパ、帽子、長靴といういで立ちでお出かけです。ですからオーストラリアで使いやすい傘を見つけるのは至難の業、売られているのはゴルフ場で使うような大きな傘ばかりでした。

なので、もしオーストラリアの方へ何かちょっとしたプレゼントをと思っている方がいらっしゃったら、日本製の傘、特に折り畳み傘をプレゼントするととても喜ばれますよ。こんなに機能的で、カラフルな傘なんて!!と喜んでもらえると思います。ただ、都市部に住んでいる人限定かな・・・

オーストラリアではシドニーに滞在していたので、気候的には日本ととても近いです。真逆ですけど・・・ただ違ったのは、夏に雨が少なく、冬に比較的雨が多かったです。なので、湿気があるせいか、あまり寒くなかった気がします。

日本の梅雨はヨーロッパやアメリカ、オーストラリアから来た方たちにとっては、とてつもなく過ごしにくいシーズンだと聞いています。私たち日本人にとってもそうですよね・・・ジメジメと湿度が高くって・・・そんな梅雨がもうすぐ始まると思うと、気分的にもじめっとしてしまいがちですが、そんな時は、Teebomのコーヒーや紅茶でリラックスしてください。(すみません、最後はPRになってしまいました・・・)

今日は何となく雑談で終わってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

この内容はYoutubeTEEBOM’S VIDEOでもお話していますので、よかったら見てください。