いろんな認証があります!

こんにちは、Teebom店長のイマイナホコです。
今年も残すところあとわずか・・・いつものようにバタバタと右往左往していますが、
こんな時に、ちょっと書きたくなってしまったのが、認証マークのあれこれ!?!
少しの時間お付き合いいただけましたらうれしいです。

フェアトレードもそうですが、いろんな商品にいろんなマークがついていますよね!
Teebomのお店の中の商品にもいろいろついています。
今回のブログでは、コーヒーに焦点を絞って、認証マークについて紹介し、
少し解説をしたいと思います。

Teebomでは、現在10種のコーヒーをお取り扱いさせていただいています。

中南米からペルー、エクアドル、コロンビア、グアテマラ、ブラジル、
アジアは、インドネシアとパプアニューギニア
それとアフリカは、タンザニア、ルワンダ(2種)

赤道近くのコーヒーベルト地帯にある国々ですね。

こちらのマークは、グアテマラのコーヒーについています。
カエルのマークがかわいい、「レインフォレストアライアンス」という認証マークで、
熱帯雨林の自然環境とコーヒー栽培という社会活動をバランスよく行い、
両者が共存共栄できるような仕組み作りしているコーヒーにつけられています。

比較的よくみる認証マークで、Teebomのコーヒーでは、グアテマラのほか
ブラジル、ルワンダなどのコーヒーがこの認証を取得しています。

次は、JAS認証。これは農薬や化学肥料を使用せず有機栽培されたコーヒーにつけられる
認証です。「オーガニック」と言われるものです。世界各地で同様の認証があり、
JASというのは日本のオーガニック認証です。

Teebomのコーヒーでは、コロンビア、エクアドル、それにペルーがオーガニック認証を
取得しています。確か、タンザニアも現在、オーガニック認証を取得する手続きを
しているところと輸入元から聞いています。

それからこれは認証マークとまではいかないかもしれませんが、「サスティナブル・コーヒー」
フェアトレードもオーガニックもレインフォレストアライアンスもみな「サステイナブル・コーヒー」に含まれますが、日本にもサステイナブルコーヒー協会があり、普及に努めています。

そして最後にご紹介するのがフェアトレードコーヒー

認証マークは付いていませんが、写真に『FLO ID』とプリントされているのが
見えますか?これが、フェアトレードの認証を持っているコーヒーの固有の番号なんです。
毎年審査を受けて、合格すればこの番号をコーヒー袋にステンシルして出荷することが
可能になります。

コーヒー袋にはフェアトレードのIDがプリントされていますが、
実際のフェアトレードの認証マークは、上の写真にある勾玉のような模様です。

Teebomのコーヒーでは、ルワンダ・ピーベリー、ペルー、タンザニアが
フェアトレード認証を持っています。

認証マークとコーヒーの味は全く関係はないのですが、
それでも、これらのマークの持っている意味を知ると
ちょっと興味がわきませんか?

美味しいコーヒーをこれからも飲み続けたい、そのためには、
栽培環境もそれから作り手の人たちも大切にしたいですよね!

Teebomの自家焙煎珈琲のお求めは、こちらから!