静岡県主催のエシカル・サロンに参加させていただきました!

秋の気配が感じられる今日この頃・・・朝晩の気温が少し下がってよく眠れますね!

さて、一昨日(8月27日)に静岡県が開催したエシカル・サロンに参加させていただきました。最近よく耳にしたり目にするようになったSDGsとエシカルビジネスについての講話を横浜国立大の名誉教授の西村先生とエシカル推進協議会副会長の山口先生がお話くださいました。

地元静岡の企業の皆さんや行政の皆さんが出席、なんと定員70名を超す参加者があり、関心が高いんだな~と感心しました。お二人の講演の後で、「トークディスカッション」の時間があり、参加者の方からのご質問に先生方が答えてくださいました。

「当社は消費者へのサービスを提供しておらず、化学薬品を扱う企業なのでどのようにSDGsを企業活動に反映させたらよいのか??アドバイスをお願いします」

「ソフトウェアの会社です。SDGsをSCRや企業の事業の中で取り入れて成功している事例を教えてください」

など、SDGsを事業の中でどのように取り入れていったらよいのか、各企業さんが悩んでいらっしゃるのがわかりました。

そうですよね・・・このところよく聞くようになったとは言え、『持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲットからなる、国連の開発目標がSDGs』なんて言われてもチンプンカンプンですよね。

話題変わって、今日、お店に中学生の女の子とそのお母さんがご来店くださいました。学校でSDGsのことを学んで、興味がわき、関係のあるフェアトレードのお店に来てみたとのことでした。へ~学校でSDGsについて勉強するのね!?!

その彼女はとてもしっかりしていて、『自分のお小遣いで好きな紅茶(フェアトレード商品)を購入して、それで困っている人たちの役に立てるっていいですね!』とお母さんと私に話してくれて、
思わず『そうだね!ほんとそうだよね!』って、強くうなずいてしまいました。

企業活動ではこんな風にはいかないかもしれませんが、まず一人称で考えてみて、できそうなことからトライしてみるのって、どうでしょうか?

ちなみに、このエシカル・サロンで、私は、私のビジネスパートナーの写真や商品の展示、それにご参加くださった皆さんに水出しのコーヒー、紅茶とフェアトレードクッキーMeryendaをご提供させていただきました!関心を持っていただけたようで、たくさんのご質問をいただきました。クッキーもおいしいと好評でした!