明日から営業、その前に・・・焙煎!

こんにちは、Teebom店長のイマイナホコです。

年末年始休みをいただいていたので、コーヒー豆の容器はみな、空っぽ!

13日の今日は、明日からの営業の準備のため、朝からコーヒーの焙煎をしていました。

Teebomでは10種類のコーヒー豆を販売させていただいています。

まずは、ルワンダから、230円というのは、生豆の価格です。

 

自家焙煎で販売させていただくコーヒーは、100g単位で販売させていただいています。
EC
サイトでも販売しており、400gまでのコーヒーでしたらメール便(送料300円)で
お送りさせていただいております。

初めてご注文くださる方は、100gずつ4種類選んでいただき、味比べをしていただいたり、
レギュラーのお客様の中には、ずーっと1種類の豆を何年も継続してお求めいただいている方も
いらっしゃいます。

もともとフェアトレードのお店を開業したいと思い、
いろいろ調べていく中でフェアトレード商品の中で最も流通量が多いのはコーヒーだったことと、フェアトレードのコーヒーが手軽に購入できるお店、仕組みがなかったので、
だったら、私が!と思い、そもそもコーヒーが大好きだったので、
留学先のシドニーで社会企業について学びながら、コーヒーの流通、焙煎についても
いっしょに学びました。

そしてお店の開業準備では、真っ先にコーヒーロースター(焙煎器)を購入し、
自家焙煎のフェアトレードコーヒーをお店で提供できるようにしました。

ルワンダ、そろそろいい感じになりました!シティーローストです。

お正月休みの数日間と定休日を除いてこの10年間、毎日焙煎をしています。

ご近所さんからは、「焙煎している香りに癒されるよ~」
お店の前を通学する小学生たちは、「あ~~~いい匂いだね」と。

時には通行人の方が、「何このにおい、何か焦げてる??どこから???」と、
ちょっと気になる声も・・・

焙煎後は、改めてハンドピック!あとは、チャフを取り除いて完了です。

コーヒーは鮮度の良さが味の決め手になるのですが、
焙煎直後ですと、コーヒーの香りがせず、味もコクが感じられないので、
できれば焙煎から1,2日後置いていただいた方がおいしくお飲みいただけます。

そこでお店売りのコーヒーの焙煎を、年始営業の1日前に行います。

お休みをいただいていた間にご注文をいただいたECサイトのお客様の分は、
発送日に焙煎をします。
発送の翌日、もしくは翌々日に配達されますから、
届いた頃からがちょうど飲み頃だからです。

カフェや喫茶店でコーヒーを飲むのもいいですが、
家で豆から挽いて、淹れるのもいいですよ!

ガリガリと挽いて、お湯を沸かして、自分なりのやり方で淹れるコーヒー
工程1つ1つを丁寧に行うことで、よりおいしく、
そして自分自身の気持ちも整うように感じられます。
部屋いっぱいにコーヒーの香りが広がり、幸せな気持ちになります。

そんな時間が持てる幸せを感じながらコーヒーをゆったりと過ぎる時間、大切にしたいですね。

コーヒーのご注文は、こちらから。

1月4日(土)は朝10時から開店です!どうぞ本年もよろしくお願いします。