夏季の珈琲豆の保存方法

今日も午前中から30度超え💦💦
焙煎をしているバックヤー温度計は、35.5℃です💦💦💦

今日から、夏休みと言う方も多いのでは!9連休と言う方も!!
コーヒーでも飲みながら、つたない文章ではありますが、Teebom店長の
ブログなど読んでいただけましたら幸いです。

普段のブログでは、役に立つようなことはほとんど書いていないので、
今日は、『夏場のコーヒー豆/粉の保存方法について書いていこうと思います。

コーヒー豆の保存について(全般)
●温度差の少ない、日の当たらないところに置いてください。
●特に開封後は湿気が大敵です。
●袋から出して保存する場合は、アルミ缶のような光を通さないもので
密閉できる容器がおすすめです。

また、どのような状態で保存するかですが・・・
豆 or 粉でも保存方法、期間が大きく異なります。

豆の場合でしたら、上記の保存方法で1か月くらいまででしたら美味しくお飲み
いただけます。
ただ、挽いた場合は、コーヒーの断面面積が増える=空気に触れる面積が増える・・・ことから
コーヒーの酸化(劣化)も早まります。挽いてから10日間くらいで飲み切ってしまうのがよいと思います。

では、豆で1か月以上、挽いた状態で10日間以上、保存する場合はどうしたらよいのか・・・
私は、冷凍しています。もちろん冷蔵でも構いません。
その場合は、2つのことに注意してください。

●一度、冷凍庫/冷蔵庫に入れたコーヒーは、消費し終わるまで、同じところで保存してください。
冷えたところから、常温に置き換えることで、「結露」が発生し、コーヒーが湿気を吸ってしまいます。
●コーヒーは香りを吸着しやすいので、完全に密閉できる容器に入れて、保存してください。特に、挽いた珈琲は表面積が増えているので、香りをたくさん収集しやすいです。

Teebomでは、400gまでのコーヒーはメール便(送料300円)でお送りさせていただいておりますので、豆なら1か月以内で消費できる量を、挽いた状態でしたら10日から2週間程度で消費できる量をご注文いただくのが、飲み切ってしまうまでおいしく味わっていただけるかと思います。

また、オリジナルの保存容器(アルミ製のキャニスター)もぜひ、ご利用ください。

コーヒーのご注文は、こちらお願いします!