フェアトレードタウン浜松で講演会をしてきました!

こんにちは、フェアトレードショップTeebom店長のイマイナホコです。

11月~12月は県内のいろんなところに呼んでいただき、

フェアトレードのこと、Teebomで取り組んでいる商品作りやそれにまつわるエピソードなどを

お話させていただいています。

また、2時間くらいのプログラムなので、途中の休憩は

「フェアトレード・ブレイク」と銘打って、

フェアトレードのコーヒー、紅茶、クッキーやチョコレートの試食もしていただいています。

 

*会場は、クリエート浜松でした。

*ゆるキャラがかわいい「うなぎいも」の看板、浜松のシンボル?!?

11月27日は浜松に行ってきました。

浜松と言えば、日本で4番目のフェアトレードタウンです。

私にとってはまさに、「聖地」ともいえる場所です。

いつもセミナーをさせていただく前は、

・フェアトレードって言葉を聞いたことがありますか?

・フェアトレードが何かをご存知ですか?

・フェアトレード商品を実際に購入されたことはありますか?

と言う質問をさせていただくのですが、今回は、

90%以上の方が、フェアトレード知っている

そして半数以上の方が、フェアトレード商品を購入したことがあるという回答で

もうびっくり(+_+)・・・中には

「サッカーを始めた息子さんが最初に使うボールは、フェアトレードがよいと・・・」と

フェアトレードのサッカーボールを購入された方もいらっしゃいました。

 

浜松市が主催のセミナーで、ご紹介をいただきマイクを渡していただいたのですが、

私は声が大きいのと、身振り手振りでマイクがあると自由度が奪われるので、

地声で話しました(笑)。

 

フェアトレードの商品を持参し、皆さんに見ていただきました。

商品1つ1つの特徴や、それにまつわるエピソードなどもお話させていただきました。

そしてメインは、SkypeでペルーのMariaとのおしゃべりです。

日本とペルーは時差が14時間!?!ペルー時間では朝6時前という早朝にも関わらず

マリアが参加してくれました。

途中マリアのお父さんのアガピとが通りかかって、

「Hola Nahoko, こんにちは、ナホコ(私のこと)、Como esta? 元気?」

と声をかけてくれました。

アガピととはもう10年近い付き合いになります。

お互い言葉は通じないけど、気持ちはしっかり通じ合っています(笑)!!

参加者の方からこんな質問がありました!

「私の近所にはペルーの方がたくさん住んでいらっしゃいます。

彼らはペルーでは、クイをよく食べるんだ!すごくおいしいんだって言っていますが、

マリアさんはクイを食べますか?」

日本語での質問だったので、私が訳したのですが、

まず、「クイ」がわからないので、マリアには「クイ」の説明もしてとお願いしました。

すると彼女は、ちょっと困ったような顔をしながら・・・

「え~~っと、クイは、ギニアピッグと言って、モルモットのような動物で・・・

ペルーでは日常的によく食べます。私も好きです」と・・・

参加者の皆さんは、ちょっと驚いたようですが、これもペルーの文化・習慣です。

マリア曰く、クイは、お医者さんも進める健康的な食材だそうです!

約2時間の講座、終わってみるとあっという間でした。

ちょっと遠かったですが、私にとっては緊張もありましたが、

フェアトレードのことをより多くの方に知っていただくよい機会になりました。

浜松の皆さん、ありがとうございました。

 

今週土曜日(12月1日)は、毎年お世話になっている蒲原にお伺いします。

蒲原の皆さん、どうぞよろしくお願いします!