2020年の総括 パート1 「楽天 vs Teebom Online Shop」

今年も残すところあと1日と少し・・・コロナウイルスの影響でなんだか時間の経過がピンときませんが、カレンダーはまさに12月30日!そこで、この1年を振り返ってみようと思います。

パート1の今日は、Online Shopについてです。

開業から10年になる今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、先行きの見えにくい中でも一生懸命走りました。

なんといっても大きな変化は、6月に楽天市場を退店し、自身のECサイトを立ち上げたことです。

コロナウイルスの大流行で世の中に大きな変化が起こるなんて思ってもみなかった、今年1月に退店することを楽天市場側に伝えました。退店日はその6か月後の7月上旬・・・

退店しようと思った理由には諸々ありますが、出店者として楽天市場の運営方針に疑問を持ち、また担当してくれるECコンサルタントとの信頼関係を築くのが難しかったことからです。

これまで構築してきた商品サイト、ブログに加え、Teebomを利用してくださっているお客様もすべて失うのですが、またゼロから始めようと思った最も大きな理由は、楽天市場が主催するスーパーセールに担当のECコンサルタントから参加を求められ、私は「当店には50%OFFで提供できる商品なんてないので・・・」とお断りすると、『いやいや、販売価格をあげればいいんですよ。簡単でしょ』、これが決定的でした。

そして7月が来るまで既存のお客様には新しいサイトがオープンすることをお伝えさせていただきました。でも、残念ながら1割くらいのお客様しか新しいECサイトへ引っ越しをしていただけませんでした。消費者にとっては楽天市場の信頼と魅力は大きいんだな・・・と思い知らされた結果となりました。

でも、新しいTeebom Online Shopにお引越しをくださったお客様からは、『応援していますよ、頑張ってください』『新しいサイト、いいですね!お買い物楽しませていただきます』などと、たくさんのメッセージを頂戴しています。

特別なセールも、イベントも、ディスカウントも、ポイント何十倍も全くないに・・・温かいメッセージを送ってくださるお客様からの励ましが本当に力になった一年でした。

自身のECサイトを構築してよかったと思っていますし、これからも継続していきたいと思っています。

ECサイトの仕組みは楽天よりも劣るものの、商品ページやブログやメルマガで掲載する内容が自由(楽天市場の場合は、楽天市場内のURLしかリンクが張れない、掲載できない制約があります)なので、商品作りをいっしょにしてくれているインド、スリランカ、ペルーなどの生産者の紹介が自由にできます。また、国内でいっしょに頑張っているフェアトレード店のことも紹介することができます。

そんな自由度が高いところが特に気に入っています。

まだまだ手を加えないところはたくさんありますが、このECサイトをお客様とのミーティング・ポイントとして、これからもどんどん情報発信して行こうと思います。

写真撮影から商品ページの構築、ブログにメルマガ・・・いろいろやることはありますが、最近は写真を加工することを覚えて楽しんでいます。実店舗のお客様と接しているような感じで、Online Shopも運営していけるようにしていきたいので、Online Shopや商品へのご要望や感想をどしどしお送りくださいね。お客様あってのTeebomです!どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。