ペルー商品のカタログ作りをしています!

こんにちは、Teebom店長のイマイナホコです。
今朝は寒くて目が覚めました!猛暑の残暑から一転、線を引いたように秋にかわりました。
これからは寝冷えに注意ですね(笑)

スリランカインドのフェアトレード生産者グループとは相変わらず、すったもんだしていて、あれこれ考えても前に進まないので、トラブルからはちょっと目をそらしつつ、今は前に進めるをしっかり取り組もうと、ペルーのビジネスパートナー”Peru Land All Natural“と一緒に作っているアルパカ商品のカタログ作りをしています。

実店舗のTeebomでは、アルパカのショールやマフラーは定番の商品で、お客様からとても好評を得ています。作り始めて3年くらいは、まったく商品にならず、サンプルだけがどんどん増えていきましたが、今では、1,2回のサンプル作成で、こちらの作りたいものをPeruの織り師や編み手さんが作ってくれるようになりました。そこで、彼らの仕事と、彼らと私がどのように商品を作り出しているのかについてもちょこっと触れた、商品カタログを作ることにしました。

日本人のモデルさん、アートディレクターさん、カメラマンさん、ライターさんにご協力いただき、着々と準備を進めています。

2週間ほど前と一昨日に商品撮影をしていただきました!

 

 

スタジオや安倍川の河川敷、駿府城公園などで撮影をしました。

猛暑の中、モデルさんには真冬の服装に、アルパカのショールやスヌードを身に付けていただき、頑張っていただきました。

完成までには、まだ少し時間がかかりそうですが、とても素敵なブックレットができそうです。

ペルーの織り師さにゃ編み手さんたちが日本の私たちのために、一生懸命作ってくれているお品をより多くの日本の皆さんに見ていただき、手に取っていただくのが私の使命です。

実は、今回、ペルーからの荷物がペルーの通関のストライキで届かず、撮影が2回に分かれてしまいました。なかなか思うようには進みませんが、そのすべてのプロセスが大切なんだと!自分に言い聞かせています。

今季ももうしばらくしたらアルパカのあったかなお品物を店頭でご紹介させていただきます。ECサイトAutenticoでは一足早くご覧になっていただけますよ!