紅茶の紹介「アールグレイ」

フレーバーティーの一番人気は何といっても「アールグレイ」でしょうか!
グレイ伯爵が好んだ紅茶から”Earl Grey”になっただそうです。
ベルガモットという柑橘系のフルーツの香りを茶葉につけたフレーバーティーです。

一般的にアールグレイの香りは香料でつけられているものが多いのですが、
Teebomのアールグレイは、ベルガモットのエッセンシャルオイルで香り付けをしてあります。
ですので、ティーバッグが入っている袋を開けると、ちょっと強めの香りがするかと
思います。

でも、エッセンシャルオイルはお湯で揮発するので、飲むときにちょうどいい具合に
香ってくれるんです。

(スリランカのお茶畑 お茶の木の間に植えられているのはシェードツリーと言って、影をつくるために植えられています)

最初このアールグレイを購入されたお客様が、
「もうびっくり!イギリスで飲んだアールグレイと同じ!!」と感想を伝えてくれました。
そうかもしれません。私自身もそんな風に思いながらこのフレーバーを作りました。

このアールグレイも他の紅茶と同じように、茶葉と香りの調整を何度もやって
やっと満足する味と香りのバランスになって、完成しました。

アールグレイの特徴は何と言っても、ベルガモットの香。
柑橘系ですが、すっぱっさや青っぽさはなく、爽やかで落ち着いた香りです。

これが一番おいしいと購入してくださるお客様も増えてきました。
若い方にファンが多い気がします!

ミルクを足してもおいしいですね。
私は、なぜか午後になるとアールグレイが飲みたくなります。

まだ少し早いですが、3月の紅茶はアールグレイにしようかな!と思っています。